選挙事務所ご案内

名川やすお 選挙事務所

〒252-0243
神奈川県相模原市中央区上溝516番13
TEL: 042-812-7586

mail: e.yasunaga1@gmail.com

相模原市議会議員選挙 [中央区]

立候補者

名川やすお(名川恭男)

無所属

​自由民主党推薦

© 2018,2019 by 名川恭男

- 名川やすお公式ホームページ -

生い立ち

誕生

昭和28年6月27日 川崎市立川崎病院にて誕生

兄弟

  • 8歳年上の姉貴がいたのですが、23歳の時に自殺しました。5歳年上の姉貴は現在、山梨県甲府市で暮らしていますが、二人とも異父兄弟で複雑な家庭で育ちました。ですから高校時代までは大変苦労したことは間違いない事実で、人の弱みをもてあそぶ人間は大嫌いです。

  • 3歳から5歳まで保育園に通い、川崎市立四谷小学校に入学するまで、4回引越しをしました。

小学校時代

  • 家庭の事情で朝飯を食べずに登校したので、給食時は必ず「おかず」のお替りを小学3年生まで続けました。お替りの度合いが激しく、通知簿(成績表)の乙欄に指摘を受けてからは、お替りを控えるようになりました。

  • 母子家庭で育ち、母親が夜のお勤めのため、夕食は8歳離れた姉貴と二人で食べ、出前が多かったのです。そんな日常なので寂しい思いをする日々が続きました。

中学校時代

  • 中学校時代も3回ほど引越しをしました。中学3年間は川崎市立大師中学校へ通い続け、親友もできました。

  • 休日は、趣味のクラシック音楽仲間3人と持回りで家に集まってレコード鑑賞をおこない、音楽や絵画などの芸術や、いろいろな分野の本について話が盛り上がりました。彼らとは現在も交友関係を続けています。

  • 学校では、放送部でアナウンスを担当し、部活では弱小のバスケットボール部の部長を務めました。

高校時代、そして社会人

  • 川崎市川崎区藤崎町で母親が寿司屋を経営し、中学2年の3学期から高校3年の2学期まで、出前と店内の手伝いをしました。

  • 高校ではハンドボール部に所属し、副部長を務め、県大会で3位になるなど実力のあるチームで活躍しました。

  • 高校卒業後は進学を考えていましたが、その頃には寿司屋の経営が芳しくなく、店が高校3年の夏に潰れてしまいました。四谷小学校にほど近い母親の実家の親戚に居候し、進学を諦め、急遽、相模原市役所の就職試験を受けることになりました。

  • 合格後は、単身で相模原市役所の近くのアパートに引越し、そこで24歳まで青春を過ごすことに...その間に現在の妻と大恋愛の末に結婚しました。結婚を機に、上溝の番田諏訪面自治会地区にある妻の実家近くの土地に、思いきって借金して戸建て住宅を建てました。

名川やすお

1/2

1/1

1/1